自己紹介

ご訪問ありがとうございます。

 

北海道住みのへっぽこトレーナーです。

ポケモン対戦は7世代S14からやってます。

トリトドンランクルスデンリュウとかが好きです。

ポケモン以外ではネクライトーキーとお笑いと麻雀とみんはや(対戦しましょう)とマリオカートとかが好きです。

 

あとしょうもないツイートが好きです。よくします。

 

未熟トレーナーですがよろしくお願いします。

 

---

過去の成績(自分の記録用)

USUM

S17 最高レート2006

 

剣盾(2ロムあるときは高いほう、括弧内は最終レート)

S1 最終35516位(1666)

S2 最終2934位(1855)

S3 最終1002位(1948)

S4 最終309位(2018) ドラパルトギルガルド

S5 最終2762位(1817)

S6 最終461位(2005) アシレーヌロトム炎ウォーグルカバルドン

S7 最終362位(1954) ドラパルトガオガエンゴリランダーピクシー

S8 最終2182位(1841)

S9 最終3348位(1774)

S10 最終2286位(1759)

S11 最終717位(1857) キュウコン氷妖パッチルドンウルガモス

S12 最終379位(2007) ドラパルトテッカグヤマンムーサンダー電ウオノラゴン

S13 最終3701位(1759)

S14 最終1561位(1833) アーゴヨンブリザポスランドロス霊ロトム炎カプ・レヒレ

S15 やってない

S16 最終386位(1917) ネクロズマ日タチフサグマエルフーンラグラージドラパルトレジエレキ

S17 最終1172位(1812) レシラムガマゲロゲニンフィアバンギラスランドロス霊

S18 最終6591位(1660)

S19 最終145位(1961) ラグラージカイリューヒヒダルマ氷テッカグヤ

S20 最終566位(1854) アーゴヨンテッカグヤカイリューウオノラゴン

S21 最終475位(1975) 86-45 ランドロス霊ゴリランダーポリゴン2マリルリ

S22 最終2091位(1797) 38-18 

S23 最終503位(1907) ネクロズマ日エアームドヒードランドラパルト

S24 最終206位(1915) 87-57 ジガルデカプ・レヒレエースバーンサンダー電バシャーモ

S25 最終53位(2022) 84-45 ウツロイドフェローチェポリゴン2

S26 最終1304位(1792) 54-33 

S27 最終1277位(1788)

S28 最終2124位(1741) 

S29 最終3170位(1685) 

S30 最終283位(1903) 74-43  

S31 最終94位(1972) ランドロス霊ゴチルゼル

S32 最終392位(1861) 

S33 最終953位(1808) ラグラージヒヒダルマ氷

 

強くなりたいです。

S31最終94位使用構築「やりたいホウダイ」

こんにちはしゃけです。

 

めっちゃギリギリですが、2度目の最終2桁を獲れたので記事にします。

変わった構築だと思いますが良ければ見ていってください!

 

 

【レンタルチーム】(7/7追記)

使いにくいと思いますが、うまくいくと楽しいのでよかったら使ってみてください。


f:id:oshapoke:20220707044408j:image

 

 

【構築経緯】

スカーフ壁ホウオウコスパ弱保ムゲンダイナの並びが奇襲性能が高く、対面もサイクルもできると考え、構築の軸としました。

S30でそれを軸として以下の構築を使用しました。

画像

 

この構築で上振れて2桁チャレまでは来れましたが、

ダイマを切って強いポケモンが少ない

②崩しの手段が少ない

③上振れに依存しすぎている

 

と思ったので、カバザシオーガのような構築に出しやすく崩しにもなる眼鏡ミトム、サイクルにも詰めにも使いやすいオボンのろいナットレイ、サンダーイベルランドを対面から倒せるタスキゆきなだれマンムーを採用。

6月25日に開催された金字塔オフでは以下の構築を使用しました。

画像

最終日前日まで使い、構築としてはまとまっているように見えていましたが、

①ポリ2をバドランド両方に対応させることが自分の力量では難しい

②もともと構築に刺さっているステロ等でマンムーが機能しなくなることが多い、また重い黒バドのストッパーにマンムーがなれない

 

そこで、選出択になりにくくサイクル対面両方でき重めのホウオウなどにそこそこ強いチョッキランドロス、特殊エースの対面処理とラッキー等受けポケモンの牽制ができるゴチルゼルを採用。

以上で構築が完成した。

画像

 

 

【コンセプト】

・サイクルと対面の両立

・最終的にはムゲンダイナで詰ませるか、後発ダイマで捲ることを意識する

 

 

【個体紹介】

ホウオウホウオウ@こだわりスカーフ

特性:再生力

陽気 183(12)-182(252)-115(36)-x-175(4)-149(204)

聖なる炎/ブレイブバード/地震/光の壁

 

S:最速黒バド抜き

A:特化

H:一応3n

 

禁止伝説①。

サイクル、裏の補助、スイーパー、ダイマアタッカーなど器用なことが色々できます。

最初は両壁で使っていましたが、リフレクを打つより殴ったほうがいいみたいな場面が多かったため、ゼクロムへの打点となりザシオーガに一貫する地震を採用。リフレクよりは打ちましたが、どちらでもよかったと思います。

 

ザシアンとの関係性については聖なる炎+ワイボ反動で相打ちになるくらいの感覚です。ダイナのマジフレやミトムのボルチェンなどと合わせると飛びます。

軽い削りを入れてから巨獣斬にホウオウを後投げして上から聖なる炎を打つムーブが強かったです。後述するコスパダイナが剣舞ザシアンを苦手としているので、そこで少し補完が取れるようになっています。

 

調整についてはサイクルを軸とするなら火力を落として耐久に振るほうがいいかもしれませんが、単にスカーフを持ったアタッカーとして使うことのほうが多いこと、自分が以前火力のあるホウオウを使っていて気に入っていたことよりASで採用しました。

 

性能も見た目も禁止伝説の中では一番好きです。

 

 

 

ムゲンダイナムゲンダイナ@弱点保険

特性:プレッシャー

臆病 241(204)-x-147(252)-166(4)-117(12)-170(36)

ダイマックス砲/マジカルフレイム/コスモパワー/自己再生

 

S:最速ガブリアス抜き

B:特化(鉢巻悪ウーラオス意識)

HD:珠サンダーのC-1ダイジェットを高乱数で受けられる程度

 

参考記事:

omayupoke.hatenablog.com

 

禁止伝説②。

詰め性能と崩し性能を兼ね備えためっちゃ強いポケモン

詳しいことは元の記事に書いてありますが、ダイマをお互い切った後の制圧力が凄まじかったです。

ランドやポリ2、残飯でないヒードランとかを起点にしていてとても頼もしかったです。

このポケモンは麻痺が入ると格段に性能が落ちるため、麻痺を撒いてきそうなポケモンに対してはランドやミトムを挟むことでリスクを減らしました。

 

炎技についてはザシアンへの強い打点となる火炎放射と迷いますが、増えていたアシパ日食ネクロズマナットレイの宿り木と合わせて見ることができる点を評価してマジカルフレイムを採用しました。

 

2シーズン使いましたが、もっと流行ってもいいと思うくらい強力なポケモンでした。

黒いヘドロやオボンの実と比べ耐久は格段に落ちますが、その分広い範囲の構築に出していくことができました。

選出率ダントツです。

 

 

 

ウォッシュロトム@こだわりメガネ

特性:浮遊

控えめ 157(252)-x-136(68)-154(116)-136(68)-107(4)

ハイドロポンプ/あくのはどう/トリック/ボルトチェンジ

 

B:特化ザシアンのじゃれつく13/16耐え

D:特化カイオーガの珠潮吹き15/16耐え

 

参考記事:

blog.livedoor.jp

 

耐久と火力と崩しを兼ね備えた、構築にいるだけでそれっぽく見えるポケモン

とりあえず初手に置いて、一発耐えて何かをできるのが強かったです。

この構築は初手のランドロスを異常に呼び、火力のあるロトムを受けられない選出を相手がしていることも多く、ドロポンをブンブンしてるだけで勝った対戦も少なくありません。

 

原案では雷を採用していますが、

①初手のミトムオーガ対面は珠ダイマを切られることが多かったため、雷がなんか微妙になる

②黒バドレックスが構築で重い

③低速のポケモンを確実に詰めていくときの安定打がない

といった理由により悪波を採用しました。打つ場面はかなり多かったので、この構築においてはこの変更は正解だったと思います。黒バドに対して初手ダイマを仕掛けていくことも何度もありました。

 

ザシアンを倒せば裏で頑張れる選出の時にはザシアンに対しても初手ダイマをしていくことがありました。ダイストリーム2発で落とせます。

 

耐久が特別高いわけではないので、一度高火力技を受けると次になにも耐えないことが多いのですが、ホウオウの技の切り替え、ランドの威嚇を入れるなどのためにHPが少なくても取っておくことも多かったです。

 

原案にもありますが、トリックで早急に相手を崩すよりはボルチェンやドロポンをぶん回していくタイプのポケモンでした。ドロポンめっちゃ当ててくれて助かりました。

 

 

 

ナットレイ@オボンの実

特性:鉄のトゲ

のんき 181(252)-124(76)-167(4)-x-158(172)-22

ジャイロボール/パワーウィップ/のろい/やどりぎのタネ

 

A: ダイソウゲンで無振りカイオーガ確定

 +1ジャイロボール+鉄のトゲでインファイト後のザシアンを確定

 

参考記事:

tonikakupirika.hatenablog.com

 

宿り木によるサイクルの補助だけでなく、低速積みエースともなれるポケモンです。

サンダーのいないザシオーガランド軸やゴチル入りの構築に選出しました。

特にゴチル入りにはとても強く、高確率で選出されるゴチルゼルに対しのろいを積み打ち勝っていくことができます。挑発型でもひたすら攻撃して眠っている間に宿り木のろいを打つことで打ち勝てますが、体感だと悪巧み型が多くHP管理がしやすかったです。

 

ホウオウの壁や火傷、ミトムのトリックなどと合わせることでさらに真価を発揮します。

 

出しどころが難しいですが、通った時は気持ちいいほど通ります。

また、元のナットレイの性能は大体持っているので、ナットレイ枠として選出します。

 

 

 

ランドロス@突撃チョッキ

特性:浮遊

意地 173(68)-216(252)-111(4)-x-101(4)-134(180)

地震/空を飛ぶ/ストーンエッジ/蜻蛉返り

 

A:特化

S:+1で準速ザシアン、最速ムゲンダイナ抜き

 

火力のあるチョッキランドロス

ダイマ時の性能が高いので積極的にダイマを切りますが、ダイマを切らずとも威嚇+とんぼでサイクルを回せたりザシアンを地震で落とせたりしました。

 

ダイマを通していける範囲が広く、黒バドホウオウゼルネゼクロムレシラムダイナなど、多くの禁伝を倒しました。

 

ストーンエッジはよく外しましたが、ダイマ時の性能とサンダーへのごり押し性能を評価し変えませんでした。

この構築では技構成はこれで完結していると思います。

 

最終日に投入したポケモンですが、多くの試合で大活躍しました。表のMVPです。

 

 

 

ゴチルゼル@きあいのタスキ

特性:かげふみ

控えめ 177(252)-x-117(12)-127(4)-115(個体値0)-115(236) 最終日使ってたやつ

サイコキネシス/挑発/電磁波/ミラーコート

 

7/7補足

無邪気 177(252)-x-115-124(68)-115(個体値0)-119(188) 推奨(レンタルではこれ)

S…よくいる耐久ホウオウ抜き(一応身代わりの上から電磁波が打てる)  C…余り

(最終日間違った調整のまま使っていました…)

 

 

サンダーバドをどうにかでき、やることが読まれにくく、受け回しを牽制できるポケモンがどこかにいないかな…と探していたところ、最終日ボックスに眠っていたこのポケモンを発見しました。ちなみにゴチルはこれしか持っていません。

 

従来のタスキ枠であったマンムーは初手に警戒されること、もともと構築に刺さっているステロが痛いこと、ダイマ黒バドどうにもできないことといった問題点がありました。

ゴチルゼルは最強技ミラーコートを覚えるため特殊アタッカーを返り討ちにすることができ、流行していたノーウェポンラッキーも挑発で完封できます。

実際、最終日にはカイオーガ、黒バド、ルナアーラディアルガ、サンダー等多くの特殊ポケモンを倒しました。

ちなみに黒バド軸に対しては初手に出してはいけません。もしゴチルが初手で削れて裏から黒バドが出てきたときには何もできず3タテされるからです。

 

技構成はウェポンのサイキネ、受け回しに強くなる挑発、暇なときに打つ電磁波、コンセプトのミラーコートの4つです。サイキネはイカサマと選択だと思いますがDダウンで勝った試合もあるので最後までサイキネで使いました。どちらでもいいと思います。あと、何試合か電磁波のおかげで拾いました。

 

電磁波や挑発を上から打てる範囲を広げるためにSに多く振りました。

 

正直半分遊ぶつもりで2000位のロムで試したところ、うまくかみ合って最終2桁まで行くことができました。

一発芸でかみ合い要素の非常に強いポケモンですが、このポケモンなしでは最終日勝つことはできませんでした。裏のMVPです。

 

D0粘ったのにD加工補正かけていないの今気づきました。多分これで1戦落としてます

 

 

【構築解説】

この構築は地雷寄りのポケモンが多いですが、全員とも汎用性を大きく落としていないことに強みがあると思います(ゴチルは微妙かもだけど受けの抑制やノーウェポン耐性などを評価)。それぞれが本来の役割を保ちつつ見れる範囲を広げているので、対応範囲が広いです。

 

逆に弱い点としては、きついポケモンが露骨にきつく、対面の噛み合いが大きくなってしまうというのがあります。黒バドとイベルとサンダーは誰も受かっていませんし、それらと対面でダイマを切り合っても勝てるポケモンがほぼいません。

サンダーに関しては初手ホウオウで壁を貼ったのちダイナバックでダイマを枯らせます。

 

今期はこの軸で150戦ほど4桁をさまよっており、最後相手の選出や行動が見えてきて勝てるようになったという感じです。きついポケモンの処理をゴチルに無理やり任せ、相手の選出を読みやすくするために最終日に構築の大きな変更は行いませんでした。

 

主にはダイマを切らせダイナで詰ませることを意識して対戦します。ホウオウランドの火力があるため相手は強引にダイマを切らなきゃいけない、という場面が多かったです。

 

ダイナやナットで積んでいないとランドが重いので、初手にミトムを置くことが多かったです。

 

 

【選出】多めってだけで違うことも多くあります

ザシアンカイオーガ軸→ ムゲンダイナ@1 

ミトムで初手様子見して、ダイナで詰めることを意識します。有利。

 

ザシアンバドレックス黒軸→ @2

ミトムで頑張ります。せいぜい応援してます。選出次第ではゴチルで気持ちよくなれます。

 

ホウオウザシアン軸→ @1

ランドを通していくルートを想定します。@1はダイナ多め

 

イベルタルザシアン軸→ ホウオウムゲンダイナ@1

ホウオウの魔力を使ってなんとかダイマを枯らします。きついです。

 

イベルタルネクロズマ日軸→ ムゲンダイナ@2(ナットレイ多め)

ダイマを枯らして頑張ります。枯らすのが大変なんですけどね

 

ムゲンダイナネクロズマ日軸→ @2(ナットレイ多め)

サイクルでちょいちょい削って後からランドを通すイメージ

 

ゴチルはピンと来た時に。

 

【きついポケモン

・黒バド 誰も引けない。ミトムで初手に合わせてダイマかゴチルでチャキーンかランドでゴリ押す。

イベルタル 誰も引けないどうごまかしてもきついものはきつい。ダイマを枯らしてダイナで頑張る。

・ムゲンダイナ 誰も引けない。ランドで頑張って倒すかゴチルでチャキーンする

・サンダー 誰も引けない。ホウオウで上から壁貼るかランドでダイマ切りあうかゴチルでチャキーンかダイマ切れた後にダイナで頑張る

 

【結果】

TN魔法電車 最終974位 レート1807

画像

 

TNキライちゃん 最終94位 レート1972

画像

 

【最後に】

見ての通りきついポケモンが本当にきつく、完成度の高い構築ではありません。なかなか低いです。ですがこの軸の構築を2か月使ってきたのでなんとかそれでごまかせていた感じがあります。いろいろな構築を使うのも楽しいですが、自分の手になじむ構築を長く使うのも楽しいですね。

あと最終日はめちゃくちゃ上振れました。上振れたうえに、ダイナが下振れをあまり引かなかったのが大きいです。試行回数を減らす上でも弱点保険は強いですが、それでもやはりどうしても被弾は多いです。これは運に助けられたことは間違いないです。

 

最終日は350位と2000位からのスタートでした。ゴチルを急に投入するのが怖かったので2000位のロムで試していたところ、流れが来て最終2桁までくることができました。逆に350位のロムは最後全然勝てずに終わりました。中国語ロム初めて使うし結果出したかったけどダメでした;;

 

なにはともあれ、2度目の最終2桁めちゃくちゃ嬉しいです。正直自分は特定のポケモンが明らかに強い環境が好きではなく、禁止伝説環境は苦手で好きではありません。ちなみにメガシンカを好きじゃないです。その中でも自分の好きなポケモンを見つけて戦うことができて本当によかったです。環境が苦しくてもポケモン対戦は楽しいです。めっちゃ不機嫌になることもあるけど。

剣盾をこれからどのくらいちゃんとやるかわかりませんが、対戦が嫌いにならないように程よくやっていきたいと思います。

 

あと、次こそはちゃんと自信のある構築を作って結果を出したいです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

【Special Thanks】

深夜にレジで寝ていたローソンの店員

 

【TN由来】

ネクライトーキーLIVE 「魔法電車とキライちゃん」 at 日比谷野外音楽堂 - YouTube

【机上論最強】高速バトン黒バドレックス

黒バドレックス@きあいのタスキ

アスビ/みがわり/高速移動/バトンタッチ

cs252あまりbかd

 

【解説】

黒バドは両視点でダイマや引きなどの択になることが多く、また引き先に対して明確に弱いことが多く、それをどうにかしようと考えた型。

 

悪巧みや瞑想のバトンでは相手の特殊受けを抜いていくことが難しいため、鈍足な物理ポケモンに受け継いでも強い高速移動を能力上昇技として採用した。

 

有利対面でみがわりor高速移動をし、受けに来たポケモンに対してバトンタッチをする。

 

ラッキー、バンギラスガオガエンポリゴン2あたりを誘い出すため、それを利用してビルドディアルガや竜舞バンギの起点にする。

 

バンギは+3でザシアンを確実に抜け、+1ダイアースでザシアンを落とせるためうまくいけばバドザシやイベザシを抜いていくことができる。

 

高速移動があることで初手ダイマや初手スカーフポケモンにも強い

特に安定するのは初手オーガ対面で、初手で高速移動をすることでスカーフにも珠にも両対応できディアルガにバトンをして上から眠るをしてダイマを枯らしつつ起点にすることが可能

 

みがわりは甘えるラッキーが面倒なため採用したが、鬼火やエスパー技など入れたい技は多いので諸説。

 

CSぶっぱなのでそもそもの黒バドレックスの強さはあるので、バトン後のポケモンがやられてもHP1さえ残っていれば役立つことも多かった。

 

 

決まったときはめっちゃ強いが、高速移動を見せることでバトンを読んで釣ってくる相手も多く、決まることが多くなかった。

そもそも、高速移動のみのバトンで相手の全ポケモンを抜いていけるように構築を組むのが難しかった。

 

思いついたときは最強だと思ったけど、実際は机上論って感じでした。

レート1800付近ウロウロしてるだけのポケモンでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

【趣味記事】トマトアドベンチャー好きなギミックtierランク

トマトアドベンチャーは2002年の1月25日に発売されたGBA専用ゲームで、今月で発売20周年を迎えました。

僕が初めてプレイしたゲームであり、思い出補正もありますが僕が最も好きなゲームでもあります。

 

トマトアドベンチャーの世界では「ギミック」と呼ばれる武器で戦います。

ギミックには特有のコマンドがあり、成功すれば高火力、失敗すれば低火力の攻撃が敵に与えられます。

またギミックごとに難易度が設定でき、難易度を高く設定すれば相手にさらなる高火力を与えることができます。

このギミックの存在がトマトアドベンチャーの敵との対戦を面白くしており、失敗できないドキドキをすべての対戦に与えてくれています。

 

というわけで今回はそんなギミックについて自分の好みランキングを作成してみました。知ってる人じゃないと本当に何もわからないと思います。

 

 

Sランク

マグネハンド

トマトアドベンチャー好きな人は多分みんな好きなギミック。

ただAボタンを連打するだけの簡単なコマンドで失敗することが少なくとても使いやすい。

2つ目に入手するギミックのため火力は低いが、それ以上に使いやすさがえげつないため堂々のSランク。

ウープス戦、失敗しやすいはぐるまヨーヨーといかりかざんを極力使いたくなくてマグネハンドをめっちゃ使うけど、はぐるまヨーヨーの使用回数が多くて困ります。

 

Aランク

ニャンかんおう

表示される数を小さい順に入力。

オイスタウンではでは結構重宝する(個人的)ギミック。

コマンドが簡単でちょっと楽しくエフェクトがととてもかわいい。にゃーざしゅざしゅ。

 

かおケンケン

中盤後半で入手できる超火力ギミック。

Aボタンを長押しして離すタイミングを微調整する(?)コマンドで、まあ安定させようとすればできないこともないけど微調整で変わってしまうため毎回ドキドキ。

でもコマンドが決まったときはとても気持ちよくて、エフェクトもなんか気持ちいいので好きです。

火力ありすぎてシャラプのコネクターに直接ダメージ与えられるの好きすぎる。

 

ピラメット

出るコマンドを一瞬で覚えて間違えずに打ち込む。

安定させるのが難しいが、成功したときはなんか気持ちいし案外威力があって最後まで使える。。

成功エフェクト中のデミルの顔が好き。

 

ダルマゆき

落ちてる玉を集めるだけ。

ソフビー最後のギミック。コマンドがめちゃくちゃ簡単なのに威力が高く、全体攻撃。

コスパの良さはぶっちぎりだと思う。

スロットバズーカはこいつを見習ってほしい。

 

かげじく

たくさんある箱の中から正解の組み合わせを見つけるコマンド。

ランダムだけどあんまり失敗しない、それでいてコマンドが楽しい。

あとエフェクトが大好き。

あと早いレレクからの全体攻撃は強い。

 

Bランク

きっこうグローブ

さいころ全くコマンドできなかったけど、リズミカルで好き。

コマンドの楽しさで言えばトップクラス。

もうちょっと火力があれば!

 

かりゅうほう

↓で挟まれてるとこだけ連打。

まあ簡単で威力もめっちゃ高い。たまに最初間違えて押しちゃうけど。

最後まで使えるギミックだけど、エフェクトもうちょいかっこよくしてほしいかも!

 

ドキドキトレイン

言わずと知れた最強ギミック。

入手難易度が高くコマンドも安定させるのが難しい分、成功したときの威力は全ギミック中ぶっちぎりのトップ。

アビラス戦はこのギミックの成功に全てがかかるといっても過言ではない。と思ったけど普通にストーリー進めてたらアビラス戦でこのギミック持ってないじゃん。

エフェクトもよい。ドッキリ。

 

ラビットシューズ

右に流れてくるウサギをバーで止める。

序盤でかなり重宝する。なんか楽しくてエフェクトも好き。

アレサといえば個人的にはこれ。ラブラブドレミ、バニーホッパーとかもわかる。

 

ポポコン

「!」が出ていない時だけA連打。

コマンドの簡単さはマグネハンドレベルだと思う。

ソフビーが木魚に乗ってるのバランス感覚良すぎ。

回数が多くてもう少し火力があればランクアップ。

 

しゅりけんじゅう

画面そのものが変わらない分ローリングむすびより好き。

テンポよくできるし、毎回ぎりぎりで入力できるのもなんか好き。

ただミスるときはテンポよくミスる。それもいい。

 

ひだるま

あったけ~

 

 

まとめると

S マグネハンド

A ニャンかんおう

   かおケンケン

   ピラメット

   ダルマゆき

   かげじく

B きっこうグローブ

   かりゅうほう

   ドキドキトレイン

   ラビットシューズ

   ポポコン

   しゅりけんじゅう

   ひだるま

 

です。

デミル多すぎアレサ少なすぎ。

中身のない記事。

S25最終53位使用構築「日本のウミウシ」

こんにちは。あけましておめでとうございます。

初めての最終2桁がとれたので、記念として記事にしたいと思います。


f:id:oshapoke:20220101235757j:image


f:id:oshapoke:20220101235806j:image

※現在レンタル非公開ですが、連絡くれれば差し上げます

 

 

○構築経緯

①以前から興味があったが上手に使えなかったホウオウを使いたいと思い、禁止伝説枠とした。ダイマックスを切ったときの打ち合い性能とサイクル性能を考慮し、HA振りの厚底ブーツ持ちを使用することに決めた。

②ホウオウと受けの補完がよいHBナットレイを採用。

カイオーガへの受け先として安定し、またウーラオスに多少ごまかしが利く枠としてHBトリトドンを採用。

④ここまででサンダーが比較的重く、ステルスロックにより相手のサイクルを制限したかったためHSウツロイドを採用。

⑤崩し枠のなさと足の遅さが気になったため、両刀珠フェローチェ採用。

⑥重いランドロスカイリュー、ドラパルトに後出しからストッパーの役割を持つことができ、霊の一貫を切れる枠としてHBトレースポリ2を採用。

 

以上で構築が完成した。

 

○個体紹介

・ホウオウ@厚底ブーツ

特性:再生力

技構成:聖なる炎/ブレイブバード/じしん/自己再生

調整:207(204)-200(252)-113(20)-*-175(4)-114(28)

 

A...相手に負荷をかけたいため特化

H…16n-1、できるだけ高く

S…準速61族(バンギラステッカグヤ)抜き、+1で最速ウツロイド抜き

B、H…余り

 

 

禁止伝説枠。

火力と耐久を兼ね備え、やけどしない物理アタッカー。

ダイマックスを切ったときの性能は凄まじく、他の2体を犠牲にして相手のダイマターンを枯らした後にホウオウでダイマを切って3タテする、ということも少なくなかった。

もちろん聖なる炎の上振れ要素も強く、ドサイドンバンギラスランドロスといったポケモンの安易な後出しを許さなかった。またその副産物として、ホウオウを止めるポケモンが初手に出てきやすく、初手予想をしやすいというのも役立った。

 

厚底ブーツを持っていることで多くの構築に選出でき、他の持ち物を持たせてアドを取るよりも使いやすいように感じた。

 

ちなみにこの調整だと珠エースバーンに打ち合い勝てる。

 

 

 

トリトドン@オボンのみ

特性:よびみず

技構成:ねっとう/あくび/ミラーコート/自己再生

調整:218(252)-*-132(252)-112-103(4)-59

HB特化

 

自慢のコンペ菱形西トリトドン

積んでなければ大体の攻撃を一発は耐えるため、雑なクッションとして使用することが多かった。

持ち物はクッション役としての機能を高めるためにオボンのみを採用。適当に持たせたが役立つ場面は多かった。

技構成は諸説あるが、起点回避ができるあくびとオーガサンダーの処理に有効なミラーコートを採用。これはもっと吟味ができると思う。

 

大好きなポケモンが活躍するポケモンは楽しい。

 

 

 

ナットレイ@食べ残し

特性:てつのトゲ

ジャイロボール/ボディプレス/鉄壁/宿り木の種

調整:181(252)-114-201(252)-*-137(4)-23(S個体値2)

HB特化

 

構築のMVP。

ダイマックスを切った後の詰め筋としての性能が高く、最終日このポケモンで3タテすることもたくさんあった。

ホウオウが苦手とするバンギドリュ等の物理アタッカーに強く、また火力の低いカプレヒレ等の特殊ポケモンであればタイプ受けが可能。

最終2桁を確定させた最後の試合では相手の攻撃をHP1を残して耐えて叫んだ。

 

最高のポケモン

 

 

 

ウツロイド@黒いヘドロ

特性:ビーストブースト(S上昇)

技構成:パワージェム/アシッドボム/マジカルシャイン/ステルスロック

調整:215(244)-*-67-147-153(12)-170(252)

最速、H奇数でできるだけ高く、D残り

 

☆ダメージ目安

特化珠サンダーのダイジェット+ライジングボルト媒体ダイサンダーをヘドロ回復込み高乱数耐え

陽気悪ウーラオスの暗黒強打最高乱数切り耐え

意地悪ウーラオスの暗黒強打が68.8%の乱数一発

 

パワージェムがD↓2のH252D4振りドヒドイデに52.2~61.8%

ダイフェアリーがD4振り水ウーラオス確定一発

 

 

主にサンダーに対するクッションとして採用。

ステルスロックをまくことでサンダーの交代回数を制限させたり、裏のホウオウやフェローチェ等の抜き性能を高めたりするのが強かった。

 

またマジカルシャインを持っているため、単体でウーラサンダーを崩すことが勝ち筋としてあるのも強かった。

 

構築単位で対処の難しい尻尾トリックレヒレに対して黒いヘドロと交換させ、レヒレの行動回数を制限するような使い方もできた。

 

この枠はバンギラスと迷うところであるが、サンダー対面でボルチェンで逃げられてしまったり構築で重い水ウーラオスに無力である点からウツロイドを採用した。

 

 

 

フェローチェ@いのちのたま

特性:ビーストブースト(C上昇)

技構成:インファイト/むしのさざめき/冷凍ビーム/エレキネット

調整:146-158(4)-57-207(252)-51-203(252)

C特化、準速

 

☆ダメージ目安

ダイサンダーでH252テッカグヤが37.5%の乱数一発(ステルスロック込みで確定)

ダイサンダーでH252D4ドヒドイデを25.0%の乱数一発(ステルスロック込みで確定)

C+1ダイアイスでダイマ無振りサンダーを確定一発

ステルスロック込みC+1ダイアイスでダイマ無振りイベルタル確定一発

 

えがかさんの前期の構築を参考にしました。

【剣盾S24使用構築】鳳凰サイクル【最終30位】 - とあるVtuberオタクのポケモン日記

 

構築に足りない速い崩し枠として採用。

苦手構築に対し初手ダイマを仕掛けたり、ステルスロックをまいた後に抜いていったりできて強かった。初手ダイマックスが切りにくい相手に対しては素引きしたりエレキネットで切って裏のホウオウの起点にしたりなど、柔軟な動きができた。

 

両刀にすることでラッキーにも打点を持て、広い技範囲で相手のサイクルを崩壊することができる。

またむしのさざめきの身代わり貫通が地味に偉かった。

 

ビーストブーストで何を上昇させるかは迷うところだが、攻撃方面の乱数がかなりずれるため今回はC上昇で採用した。

構築に低速が多いからかスカーフ持ちが選出されることが体感比較的少なく、結果的にではあるがこれでよかったかと思う。

 

 

 

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:トレース

技構成:冷凍ビーム/イカサマ/電磁波/自己再生

調整:191(244)-*-156(252)-125-117(12)-80

H奇数、B特化、余りD

 

ランドロスカイリュー等を流せ、霊の一貫を切る枠として採用。

最後に入ってきた枠だが、数値が高く、電磁波によるサポートも行えるため最終日の選出率は高めだった。

 

○選出

この選出が多かったというだけで、相手の構築に合わせて柔軟に選出した。

 

・ザシアン軸 取り巻き次第

ホウオウ+ナットレイ@1

ザシアンに対してはこの2体のどちらかで見れることが多いので型を見ながら対応した。

ワイルドボルト+インファイト持ちはほぼ切ってます。

 

カイオーガ軸 有利

トリトドン+ホウオウ+@1

トリトドンカイオーガにめっぽう強いためほぼ確定で選出した。

裏によくいるサンダーナットはミラーコートやホウオウで見ることが多かった。

 

イベルタル軸 微不利

ホウオウ+ウツロナットフェロから2体

ウツロナットで雑にダイマを枯らしホウオウを通すパターンか様子を見てフェロで抜いていくパターンが多かった。

 

・日食ネクロズマ軸 有利

ホウオウ+ナットレイ+@1

物理型でも特殊型でもこの2体で大体見れた。

 

・黒バドレックス軸 微有利

ホウオウ+ポリゴン2+@1

黒バドレックスより取り巻きがきつかった。

 

・ジガルデ軸 五分五分

フェロ+ホウオウ+ナットポリ2から1体

フェロで強引に取り巻きのレヒレカグヤ等を崩してナットポリで詰めることが多かった。

相手の麻痺を遮断する手段がなく、鈍足が多いため麻痺が普通に重い。

 

・ホウオウ軸 微有利

ホウオウ+ポリゴン2+@1

ポリ2でサポートをしてホウオウを通すことが多かった。

 

・ムゲンダイナ軸 不利

フェロ+ホウオウ+@1

型により処理が変わり、コスパ型ならウツロでちまちまか積まれる前にフェロでダイマ、アタッカーならホウオウで処理してました。

最終日はスカーフを切ってフェロで初手ダイマをすることが何回かありました。スカーフで数回負けました。

 

 

○重いポケモン

・ウーラオス

フェロやホウオウで強引に倒しますが、致命傷で済みます。後出しはきつい。

 

・エースバーン

ホウオウでダイマを合わせないときつい。対面からならポリ2で麻痺を入れたりトドンで流せたりするが、後出しはきつい。

 

カプ・レヒレ

1撃で倒せないため、なんかされる。

 

マリルリ

本当に無理

 

どれもたくさんいて大変だった。

 

○結果

TN かぜねこ

最終53位 レート2022f:id:oshapoke:20220101235833j:image

 

TN Anshin Mates

最高レート2003 最終レート1916 257位
f:id:oshapoke:20220101235846j:imagef:id:oshapoke:20220101235857j:image

 

 

○感想

 ずっと目指していた最終2桁、本当に本当に嬉しいです!!!

 構築の見た目がめちゃくちゃ好きで、一番好きなポケモンであるトリトドンや見た目が好きなホウオウ、7世代から使いなじみのあるナットレイなど好きなポケモンがたくさん入っていて自分好みです。

 

 自分と普段仲良くしてくれる人はポケモンが強い人が本当に多く、自分だけ弱いことが本当にコンプレックスだったためやっと結果が出せてよかったです。

 

 構築の見た目は好きですが完成度的にはめちゃくちゃ満足しているわけではなく、きついポケモンに対してかなり強引なプレイングをすることが多かったのでまだまだだと思いました。またこのホウオウ軸は前期中盤以降ずっと組み替えながら使っていたので、多少練度が高くなったのも功を奏したのかと思います。

 

 前期は最終日に2romとも100位台からスタートできたのが良かったと思います。今までは良くても300位台1romとかからのスタートでしたが、朝まで潜り切ると体力が持たず後半はいつも全然集中できていませんでした。前日までにちゃんと上げておくことは本当に大事だと再確認しました。

 あと上振れもたくさん引き、最終日の流れも良かったので、当たり前ですが運の要素も大事だと思いました。

 

スペシャルサンクス

ホウオウを貸してくださった方々

構築にアドバイスをくれたシグマさん、8luくん、もかんにき

最終日励ましの言葉をかけてくださった皆様

 

ありがとうございました。

 

 

以上です!

誤字脱字や質問等ありましたらTwitter @oshapoke までよろしくお願いします。

【オフレポ】第2回杜のヨウカン

 

杜のヨウカンっていう仙台のオフに行ってきました!!

去年に引き続き2回目の参加です。ちなみに対戦オフはこれしか参加したことありません。

 

以下だであるですます混合怪文

 

----------

 

前日夜に用事があったため、当日朝の飛行機で出発。

雲ひとつしかない青空でした!!


f:id:oshapoke:20211206090645j:image

 

仙台空港に到着。人生で10回目くらいの仙台。

僕は悪い人なので車持ちの知り合いに空港まで向かいに来てもらいました。めちゃくちゃ感謝してます。こうしないと間に合わないんだモンクマモン

 

軽い渋滞に巻き込まれながらも遅刻2分前になんとか会場に到着。偶然すぐ後ろで車を走らせていたあらいさんは遅刻してました。

 

会場に到着し受付へ。運営のもやしきのこさんが検温とかしてくれました。去年も会った気がしたけどこんなイケメンでオシャレな人だったっけ…

 

そして参加者確認のとこには聞き覚えのある声と見覚えのある顔。モーガンです。うい〜ってだる絡みしようとしたら

「お名前をお願いします」って言われて(こいつ気付いてないな…)ってなった。しゃけですって答えたらしゃけさんかwって笑ってた。はあ。

 

7個のブロックのうち自分がくじで引いたのはくさブロック。机につくとなんか白石麻衣のことを好きそうな男がこちらを見てきました。去年も会ったリスペクトさんでした。同じブロックか〜やだな〜とか言われました。

 

隣の机から呼ぶ声が聞こえたので見てみたら、普段から仲良くしてるナギとわたりん、そして会うのは初めての8luくんがいた。以前より「8luくんはイメージしてるような雰囲気だよ」と言われてたのでイメージを膨らませてましたが、本当にイメージ通りでした。

 

 

すぐ時間になり主催のせさるさんによる大会の説明が始まりました。去年もお会いしましたが変わらず男らしい(?)雰囲気の方でした。

 

説明をするせさるさんの隣にいたのは十六茶さん。去年会ったときは一往FFってくらいで面識はほぼなかったんですが、今年1年でかなり仲良くなったからとりあえず見れて嬉しかったです。わんちゃん顔覚えられてないかな…と思ってましたが。実際話しかけたときに(誰?)って顔してたし。

 

そういえばなんか近くの机に僕と同じ西トリトドンのぬいぐるみ(?)を見つけて感動した。

カスケードさんだろうな〜って思ってたらカスケードさんだった。しゃけさんと被ると思ってニドクインにしようか迷ったんですよ!!!って言ってた。3位おめでとうございます。

 

---

 

説明が終わり早速試合開始。

使用した構築の原案はこちら。


f:id:oshapoke:20211206103624j:image

冠環境ということで構築何にしようかな〜と思ってましたが、S19に使用していて自分の中だと勝てたほうのこの構築を使おうと考えました。

でもまあオフだしトリトドン使いたいな〜と思ったので置物だったラグラージトリトドンに変更。もちろん西の海。構築的に使うなら襷しかないと思い襷両反射型での採用。

あとは初手エスバ重いし早くてそれっぽいやつ入れたろwって感じでスカーフノラゴンを採用。ちなみに出番はありませんでした。

 

---

 

一戦目 リコリスさん  ○

初戦の相手はリコリスさん。お名前を聞いたことがあるくらいで面識はなかったんですが、すごく気さくで話しやすく、すぐわかるくらい優しい人でした。

 

初手カビゴンヒレ対面。裏がミミトドンだったのでこいつにダイマしなきゃな〜でもトリックされたらだるいな〜と思いとりあえずタネばくだんを押したら案の定トリック。相手も自分もあわあわしてて面白かったです。

 

突っ張るしかなかったのでタネばくだんで突っ込んだらナットに引かれ、ダイバーンを打つかドキドキの対面に。読まれたら終わるけど裏でカバーしきれないしここで打たなかったらほんち入れてる意味ないもんな〜って思ってダイバーンを選択したら見事に通りナットレイ突破。

後続のレヒレを続けて倒し裏から出てきたのは水ウーラオス。ダイアタックでs落としてミミで殴って勝ちかな〜と思ってキョダイサイセイを選択。ん?

ナックルナックルでカビが落とされ、ミミッキュ死に出し。ダイマターンを枯らしたあと、相手がウーラオスの技選択に悩んでいたのでこだわりを確信。裏カグヤや麻痺期待?のかんちが選ばれミミが落ちトドンが登場し、降参が選ばれました。

選出がかなり噛み合っていたのとダイバーンが通ったおかげで気持ちよく勝つことができました。

 

---

 

2戦目 リスペクトさん  ×

ランクマッチでも戦ったのが4月頃にあった大会以来で多分それ以来の対戦。その時はランドで3タテやんwってなってたらホウオウに焼かれて全てが終わった。悔しかったのでリベンジに燃えていた。

 

受け使うのかな?それとも最近みたいなスタン寄りの構築かな?とドキドキしてたらかなりスタン寄りの構築が出てきた。

 

初手ミミサンダー対面。下からボルンチされて鉢巻ウーラ来たら終わるな〜と思いみがわったら上からボルンチからのカバ登場。カグヤで頑張るか〜と思い、痛み分けたあとにカグヤ引き。あくび展開がだるいのでみがわったら氷の牙がとんできて勝利を確信。みがわりは残り、相手はすごく困ってる様子でした。

 

サンダーが早いボルンチ持ちだったのでメガネかスカーフだと思い羽はないかな?と思い、やどりぎに合わせて出てきたサンダーにはみがわり連打、カバにはやどみが、という安定択でいけると考え、そのように動いていました。

 

…と思っていたら、サンダーがやどりぎでしか削れない。カバがなんか怠けてきて突破できない。みたいな状況。そしてここから鬼の択負けの連続。1度でも噛み合えばほぼ勝ちの択を誇張抜きで7連続くらいで失敗。結果、時間を使いすぎによるTODで負け。正直安定択を通し続けるだけで勝ってたとも思いますが、つい冒険してしまう悪い癖が出てしまいました。自分のプレイング及び択の弱さと相手の勝ち筋を見出す粘り強さが如実に出た試合でした。

 

---

 

3戦目 きゅうさん  ○

初めて見る方だと思いましたが、どうやら去年もオフに参加していたようでなんなら予選抜けもしていたらしい。後で知りました。

フェロサンダーのような攻め駒とラキドヒドのような受け駒が共存した構築。

 

初手ミミフェロ対面。さすがにトリアクは打てないだろうと思ったのでみがわったらとんぼからドヒドが出てきたのでのろみがで削ろうと思いましたが、裏にラッキーとかいてTODになると嫌だったので再生ぽいタイミングでカグヤにバックして身代わりでハメ直す。のはずがドヒドを切ってきたのでカグヤサンダー対面という最悪の状況に。

 

カグヤでダイマ切るのも無謀だと思い、カグヤを切り裏のカイリューを通すことに。幸いジェットを打ってきてくれたためにメテオビームで削ることができたので、カグヤとミミでダイマターンを枯らしたあとカイリューで舞い、襷フェロに上からダブルウイングを打ち勝ち。

サンダーが通るのを見透かされていました(もともと構築がサンダー重そう)が、なんとか切り替えせて良かったです。

 

---

 

そしてお昼ごはん。僕はモーガンとその友人のモテ期(去年も会った)と一緒にラーメンへ。

北海道からわざわざ来てくれたし〜みたいな感じでモテ期がラーメンを奢ってくれました。めちゃ嬉しい。


f:id:oshapoke:20211206115232j:image

見ての通り辛かったけどおいしく完食。辛さとシビれを増したらめっちゃシビれた。

 

 

会場に戻り午後の部。といっても5人ブロックだったので最後の一戦。

 

---

 

4戦目 ルネさん  ×

最後の相手はルネさん。受け寄りの構築を使っているイメージでめちゃ強い人。

リスペクトさんの1位抜けが決まっており、お互いに2勝1敗で予選抜けを賭けた戦いでした。

 

ポリドヒだったので初手ミミから裏のカグヤカイリューで押し切る選出に。

案の定初手ミミドヒド対面になり、のろみがでハメようとしましたがさすがの強者といった立ち回りで、みがわりのターンにポリに引き削らせないままドヒドののろいを解除する、というのろみがミミを使っててめっちゃきつい立ち回りをされました。

 

前にランクマで当たったときもこの展開だったな…と思いながらミミを呪いで切ったらドヒドが再生してきてあぱーだった(語彙力)

 

ま〜〜ポリもドヒドも削れてるしカグヤ通せるやろ!wってなってたらカグヤが宿り木2連で外した。まあたくさん打ってたししゃーない

 

最後はカグヤのジェットが急所に当たったらわんちゃん勝ち!ってところでまさかの急所に当てたけど耐えられてTOD負け。宿り木2回分くらいのHPだったように見えてきた。

 

総合的には強い人に対して弱気な選択しまくったら順当に負けた、みたいな感じだった。

 

なんか負けた試合2試合とも時間管理下手すぎて負けてたなーーー下手っぴ🐸

 

---

決勝トナメはなんかめっちゃ見てた。もうちょいいろんな人と遊んでけばよかったかなーとも思ったけど試合がおもろくてめっちゃ見てた。

 

話してみたかった人何人か話せたのでよかったです🥰

 

みたけさん…誰も知らないだろうけど実はチーム戦一緒に出たことある。去年も来てたけどそのときお互いに面識なかったからちゃんと話せて嬉しかった。

なんかすごい中身の若さを感じました(語彙力)

 

reboさん…片付け終わったあとに滑り込みで話しかけに言った。めっっっちゃ話すの緊張したけど話したらめっっっちゃ話しやすい人で楽しかった。本田望結の話をしました。

 

よはんさん…実は共通の窓があるものの一度も話したことはなかった。十六茶のアニキのマブって情報しかなかったから実際話せてよかったです。

フォローしに行こうとしたら先にされてた。負けた気分。

 

クリフと…なんかどこで話したか覚えてなくて最後になった。ごめん。解説おつかれ。

 

--------

オフの日の夜ご飯…なんかめっちゃいい飯

素人でもうまいのがわかるアレだった、たまにはね???

f:id:oshapoke:20211207162854j:image

 

次の日の昼ご飯…牛タン

この世に存在する食べ物の中でトップ10には入るくらい好きだ…
f:id:oshapoke:20211207163004j:image

 

次の日の夜ご飯…カップ

どうしてこうなった

 

そういえば帰りの飛行機乗り過ごした。

乗り過ごしたら偶然同じ日に仙台に来てた好きなバンドのライブに行けることになった。

これはこれでよかった。

 

-----------

 

まとまりのない文になっちゃったけどこんな感じです!

とにかくめっちゃ楽しかったです。運営してくださったスタッフの皆さん、対戦してくださった皆さん、仲良くしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

オフこれしか行ったことないからもっといろいろ行ってみたいし、自分もせっかくだし北海道でオフ開きたいな〜って思いました

 

最後まで読んでくださりありがとうございました🥰

 

s24最終206位 カベハルデ

こんにちは。

結果は振るいませんでしたが、あまりない形の構築だと思うのでせっかくなので記事にしました。


f:id:oshapoke:20211201115838j:image

 

【構築経緯】

 

壁ドラパ+ダイマエース→詰ませレヒレの並びが強いと考え、組み始めました。

壁下のダイマバシャーモから壁を残したままレヒレに加速バトンするのが強いと思いバシャーモを採用。

③バトン展開をしなくても強い詰ませポケモンが欲しく、バトン先をしたときの詰ませ性能としてとぐろジガルデが適していると考え禁伝枠として採用。

④単純に壁下で詰まずにダイマでき、初手ダイマの奇襲性能もあるポケモンとしてテッカグヤを採用。壁を貼ってダイマを切ったあとてっていこうせん(漢字がわからん)で壁を残して退場できるのも適性ありと考えました。

⑤ラス1もしくは初手に置きやすく、ここまでで重めなザシアンレヒレに強そうなポケモンを考え襷ダストエースバーンを採用。

⑥壁役のドラパが何もできずに退場してしまうことが少なくなかったため、壁役をオーロンゲに変更。

⑦終盤増えたオーガがとてもきつかったので、エース役のテッカグヤサンダーに変更。

(以上の構築を組む上でシグマさんに色々相談乗ってもらいました。ありがとうございます)

 

-------------

【個体紹介】

 

ジガルデ@残飯

慎重

212(228)-121(4)-142(4)-x-148(156↑)-130(116)

サウザンアロー/みがわり/とぐろをまく/へびにらみ

 

s…通常フォルム時準速ネクロズマ抜き

サンダー意識で残りHD

 

詰ませ性能の高い禁伝枠です。

被弾回数による下振れが多いポケモンですが、そのぶん麻痺で上振れを期待しました。

ダイマしてもしなくても強く、すごく硬いので頼もしかったです。

 

--------

 

カプ・レヒレ@ウイのみ

図太い

177(252)-x-174(188↑)-115-150-114(68)

熱湯/ドレキ/瞑想/挑発

 

s…準速61族抜き

 

ジガルデとサイクルを回せる詰ませ役。

構築単位で相手の搦め手が重いので、鉄壁ではなく挑発を採用しました。

 

HPのギリギリ感がとてもよかったです

 

--------

 

サンダー@珠 プレッシャー

臆病

165-x-105-177(252)-111-167(252↑)

ライジングボルト/暴風/原始の力/バトンタッチ

 

初手ダイマも壁化でのダイマも削ったあとの一掃もできるエース。

壁なし時に相手のエースと撃ち合いになったとき、ギリギリ打ち負けることが多い気がしたので砂ダメージ目的のダイロック用の原始の力を採用。生きることは多かったです。

原始の舞バトンももしかしたらできるかもと思いましたが、一回もできませんでした。

 

バトンタッチはそこまで打てなかったので電磁波とかに変えても良いかもしれません。

 

静電気はダメです

 

---------

 

バシャーモ@弱点保険

意地

177(172)-178(172↑)-91(4)-x-92(12)-118(140)

フレドラ/地震/剣の舞/バトンタッチ

 

↓この記事からパクりました

剣盾s17シングル最終20位「白馬のリテラチュア」 : おにのごとくただしい

 

壁下のエース兼バトン役。

ダイマを切っても切らなくても強かったですが、最終日なぜか信用しきれませんでした。

ジガルデへの加速バトンが決まった試合はほとんど勝てました。

 

 

-------- 

エースバーン@襷

さみしがり

156(4)-184(252↑)-85(↓)-x-95-171(252)

かえんぼ/ダスト/カウンター/ふいうち

 

DL調整…というのは嘘できょじゅうざんの被ダメージを増やすことが目的。

火炎ボールを耐えて石火で処理してくるザシアンがあまりに多く、よく刺さりました。

ダストシュートの当たり外れがあまりにも勝敗を分けていました。

 

---------

オーロンゲ@ひかりのねんど

腕白

202(252)-140-122(204↑)-x-102(52)-80

ソウクラ/電磁波/壁/壁

 

特化居住算耐え。

ですが結局居住+石火で落ちてしまうことがかなり多かったので、片壁で割り切ってDに振ったほうが良かったかもしれません。

----------

 

【選出】

ロンゲ→レヒレorサンダーorバシャ+ジガルデ

・壁貼ってバシャレヒレジガルデの起点にしたりサンダーバシャのダイマ打ち合い性能を高めたり

・サンダーバシャをダイマさせたときは余裕あれば壁切れる前にバトンして最強ジガルデに、ちなみに最終日はほとんどバトンしなかった

・レヒレジガルデ選出のときはジガルデで積んで打ち合ったあとに麻痺込みでレヒレが頑張ったりする

 

エスバ→適当

・様子見のエス

・襷+壁+ジガルデ、襷+積み+積み、襷+エース+バトン先とかいろいろ

 

サンダーorバシャ→適当

・初手ダイマしたくなったとき

 

他いろいろ

----------

 

【重いポケモン

カバミミオーガカイリュードラパポリ2ゼクロム

他にも色々ありますが、これらはかなりきつかったです。

麻痺で頑張るかちゃんと展開するかですが、安定しないしちゃんとした対策が少ないのでよくないです。

 

----------

【結果】

TNゆうな

最終日最高90位

画像から同じくらいのレートの人に一勝(レート1990ちょい?)


f:id:oshapoke:20211202164059j:image

 

 

最終206位(レート1915)
f:id:oshapoke:20211201122603j:image

TN SweetRefrain

最高レート1920くらい最終4桁

 

----------

【あとがたり】

 

構築にはそこまで満足していませんが、目標としている最終2桁に今までで一番近いシーズンでした。

最高レートから潜った2000チャレの試合、ダイマして技外しケアすれば勝ちだったのに過信して外して負けたのがめっちゃメンタルに来てます。

 

最初に想定していたとおり上振れも下振れもたくさん引きましたが、最終日は麻痺バグや急所といった上振れを多く引けた気がします。

 

正直「やってる」プレイングも多くしていたため、2桁に残らなくて少し安心している気持ちもあります。

 

ちゃんと自分の納得する構築を組んで、目標の最終2桁を獲りたいです。

強くなりたい。